街頭防犯カメラについて知っておきたい基礎知識

街頭防犯カメラについて知っておきたい基礎知識

街頭防犯カメラが街のあちらこちらで見かけるような時代になってきています。
カメラの呼び方にも防犯カメラと言ったり、監視カメラといったりします。
防犯カメラは犯罪を防止する目的で設置するものです。
また犯行を録画する意味もあるでしょう。
一方の監視カメラは、従業員を監視したり、来客の状況などの観察をしたりする意味で本来は区分されていました。
今では、曖昧になっており、どちらも同じと考えて問題なさそうです。
導入するときに、どういった目的でカメラを活用するのかがポイントになります。
この記事では【街頭防犯カメラについて知っておきたい基礎知識】についてさらに深く掘り下げていきたいと思います!
 
街頭防犯カメラを導入したいけれど、どうすればいいのかわからない場合にこれだけは知っておくと良いものをピックアップしましたので
参考にしてみてください。
 
★☆★ 街頭防犯カメラを選ぶときに知っておきたい知識 ★☆★
 
■街頭防犯カメラの種類
 
「箱型」のタイプが一般的で、誰が見ても防犯カメラとわかりますから、抑止効果も期待できるタイプです。

「ドーム型」のタイプは丸い形をしています。近頃はこのタイプの防犯カメラを見るシーンも多くなっています。

「ハウジング型」は、雨よけや日差しを避けるために、カバーが付いていて防水対応するタイプが多いです。

「ネットワーク型」は、インターネットの機能を使って遠隔でも見ることが可能です。
カメラから離れている場所でも、どんな様子になっているのかをチェックできるのがポイント。
録画機能を持っている防犯カメラもでてきています。

「センサーカメラ」は人間が接近するとセンサーが自動的に感知してライトが点灯したり、警告ブサーをならしたりできます。

「赤外線カメラ」は、夜間監視ができる防犯カメラで、暗い所でも撮影できるのがポイント。

カメラには赤外線照射器が内蔵されているので、暗くてもクッキリと鮮明に見ることができますし、
赤外線は人間には見えませんから撮影されていることに気がつきにくいメリットがあります。


街頭防犯カメラ